今夏最大の話題作 映画『シン・ゴジラ』を観賞してきました。旦那さんが映画マニアで、洋画邦画問わず、家にも物凄い枚数のDVDがあります。

ゴジラは渡辺謙さんが出ていた2014年ハリウッド版を鑑賞している状態で、日本製作のゴジラははじめてみました。

冒頭から始まる政治劇は難しかったですが、ゴジラの段階的に進化していく成長過程や自衛隊VSゴジラの都心を舞台にした戦闘アクションシーンは音楽の相乗効果もあり、大変迫力があり楽しめました。

ところどころ笑えるシーンもありますし『総理、総理、総理』、ラストシーンのしっぽの先端が映るカットまで大変興味深く、面白かったです。

ただ、日本の政治、経済等の状況がものがたりに盛り込まれているので海外からの視点だとわかりにくい箇所も多いと思います。

 


関連リンク;シン・ゴジラ公式サイト

文章標籤

奈々 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()