一個月上書法教室3次。每次都是我最先到教室,所以老師夫婦都有一些些時間和我聊天,感到很開心。但是一到開始練習書法時,我就開始變認真,安安靜靜地學習。

每周除了練習書法升級用的字以外,老師也會照一本範本裡面的字的順序寫給我練習。那就是有名的『孔子廟堂之碑』。

1か月に3回書道教室に通っています。いつも1番目着くと、他の生徒が来る間先生夫妻と喋れて嬉しいです。でも習字する時は真面目になります。

毎週練習している先生が書いた手本は『孔子廟堂之碑』です。結構有名な文です。


鈴木 龍峰先生が書いた手本です。
鈴木 龍峰老師所寫的字。
001.jpg
『希夷不測』

【夷】的寫法和我們繁體字不太一樣。
【夷】の書き方はちょっと台湾の繁体字と違います。

私が書いた字です。
我寫的字。
002.jpg

每張可是練了好幾張呢。
進歩するまでいつも何枚も練習していました。

先生が書いた手本です。
老師寫的字。
003.jpg
『然則三五』

私が書いた字です。
我寫的字。
004.jpg

先生が書いた手本です。
老師所寫的字。
005.jpg
『迭興典墳』

私が書いた字です。
我所寫的字。
006.jpg

文章的內容真的很難懂,即使我們讀過也未必很能了解含意吧。

字可真是越練越變在夢中(越有興趣)啊...從日文裡『夢中になる』來的意思。

文の意味は本当に難しいですから、台湾人でもちゃんと勉強しないとたぶん分からないでしょう。

字を練習すればするほど、夢中になります。

奈々 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()